2009年01月14日

ふるさと納税 制度 特典 メリット

ふるさと納税の制度を利用している芸能人が多いみたいですね。

爆笑問題は1000万円を大阪府に納税してますし、元プロ野球選手の清原和博も岸和田市に150万円納税したようです。

ちなみに、ふるさと納税とは、どういった制度でメリットがあるのかといいますと。

【都市部に集中しがちな個人の住民税の一定割合を個人が育ったふるさとに納税するという新税制度】

となっており、その意義として、

『所得税を納めるようになった個人を育てたのは、個人のふるさとである』

ふるさとなくして個人の現在の姿は無い。

人間形成、技能修得の大切な時期を過ごしたふるさとに、恩返しの意味で所得税の一定割合を納税することは、理にかなったことであり、日本人の精神構造にも合致すると思われています。

個人に対する人材育成のコストがかかっているので、主体的生活者が増え、地方での就職生活を送るケースが増えたとは言え、やはり、仕事が集中する大都市に人口が集中し、産業や税金が集中するのは避けられないのです。

ちなみに、ふるさと納税とは、なにもふるさとだけに納税するものではなく、あなたが納めなければいけない住民税の何割かを、あなたが今住んでいる自治体ではなく、思い入れのある自治体に納めても良いというものでもあるようです。

ちなみに都道府県一覧です。

北海道
青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 群馬県 栃木県
新潟県 長野県 山梨県
富山県 石川県 福井県
静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
posted by 評判と口コミ at 23:11 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。