2009年01月04日

バナナの保存方法は○○する!朝バナナダイエット!!

最近、朝バナナダイエットをする人が増えていますよね。

スーパーではバナナの売り切れが続出しているようです。

朝バナナダイエットは楽して痩せれるダイエット方法のひとつなんでみんな頑張ってバナナ食べてるみたいですね。

ところで、バナナを買ったはいいが、みんな保存方法はどうしていますか?

冷蔵庫に保存してしまって真っ黒にしてしまったことないですか?

バナナは正しい保存方法しないとすぐ腐ってしまうので、気をつけないといけません。

バナナを保存する適温は15度と言われており、13度以下にすると、低温障害を起こすと言われています。

バナナは暖かい地方で育つ果物なんで、冷蔵庫に入れると風邪をひくと言われ黒くなっちゃうんですね。

保存する方法として一番いいのはバナナスタンドで吊るすことです。

バナナスタンドがない方は、紐でもなんでもいいんで天井からぶら下げてください。

その時の注意点として、もしバナナが袋に入っている場合は必ず袋から出して下さい。

バナナはエチレンガスをだして、熟成を早めてしまうので、必ず空気にふれるようにして涼しいところで保存してください。

バナナは置いてしまうと、そこに荷重がかかってしまって傷みやすくなるので注意が必要です。

みなさんせっかくダイエットしようとして、バナナを買いだめするわけですから、購入したバナナを腐らせてしまっては、もったいないですし、腐ったバナナを食べて病気してしまうわけにはいけませんもんね。

病気してダイエットという前向き?な考え方もあるのかもしれませんが、やはり健康にダイエットするのが1番ですし、痩せた体を維持するのが大事なんで、バナナの保存方法には気を付けてダイエットに励みましょう!

私も朝バナナダイエット中なんで皆さん頑張りましょうね。

ちなみに私は始めて2週間で2kg痩せました!
posted by 評判と口コミ at 23:56 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。